ページの先頭です。 本文へジャンプします。 メインメニューへジャンプします。 関連メニューへジャンプします。 サイトマップへジャンプします。 フッターへジャンプします。

国家公務員共済組合連合会 呉共済病院

電話番号 0823-22-2111

文字の大きさ

  • 大きくする
  • 元に戻す
サイト内で検索を行いたい文字列を入力し、「サイト内検索」ボタンをクリックまたはキーボードのエンターキーを押してください。

ここから本文です。

診療科・部門

現在のページは
トップ > 診療科・部門 > アレルギー科 です。

アレルギー科

アレルギー科の概要と特色

先進国になればなる程アレルギーになりやすい人達が増えると言われています。アレルギーの関連した病気としては気管支喘息、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、アトピー性皮膚炎、薬物アレルギー、食物アレルギー等が代表的なものです。

アレルギー性鼻炎は耳鼻科、アトピー性皮膚炎は皮膚科、アレルギー性結膜炎は眼科が主体となって治療を行うので各科との連絡をとるようにしています。

診療内容・実績(手術件数・治療成績など)

検査

病気の診断にはお話と診察が最も重要ですが、きちんとした診断をつけるためには、いろいろな検査が必要です。

血液検査
IgE(RAST)という方法で家のゴミ、ダニ、スギ、ブタクサといった空気中にただよっている物質にアレルギーがあるかどうか調べることができます。また牛乳、タマゴ、サバ、メロン等といった食物にアレルギーがあるかどうかも同じ方法で調べられます。
検痰検査
気管支喘息があると痰の中に好酸球という細胞が出てきます。この数を調べると病状がよくわかります。
皮膚テスト
アレルギーの原因となる物質を皮膚に注射する、あるいは皮膚にはりつけて反応を調べ、アレルギーのもとになる物質を調べることがあります。
肺機能検査
喘息の場合、息ができにくくなります。その程度を調べるのに肺活量、一秒量等を調べます。また最近ではピークフローメーターを使って簡単に自宅で毎日肺機能を調べる方法もあります。
治療

アレルギーの治療の主役はステロイドホルモン剤です。副作用がある薬ですが専門医に相談しながら使用すれば副作用を減らすことも可能です。それ以外にもアレルギーを抑える薬はいくつもあります。

原因物質から遠ざかることも必要です。
スギ花粉の季節にはマスク、メガネ等をつけるといったことである程度対処できます。明らかな食物アレルギーがある場合は栄養との関係を考えながら、その食物を食べないようにすることは大切です。
家のホコリ等は家庭環境を変えるとかなり減らすことも可能です。

スタッフ紹介

塩田 雄太郎

氏名 塩田 雄太郎
役職/職名 副院長
呼吸器内科部長
総合診療科部長
臨床研究科部長
アレルギー科部長
専門・得意分野 喘息
肺癌
睡眠時無呼吸症候群
出身大学 山口大学
医師免許取得年 昭和53年
資格等 医学博士
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本呼吸器学会専門医・指導医
日本呼吸器内視鏡学会専門医・指導医
アレルギー学会専門医・指導医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本臨床腫瘍学会暫定指導医
日本アレルギー学会評議員
日本呼吸器内視鏡学会評議員
主な発表論文
  1. Enhancement of the grafting efficiency of transplanted marrow cells by preincubation with interleukin-3 and granulocyte-macrophage colony stimulating factor. Blood 1991;177:1599-1606
  2. Induction of upmodulation of homing receptors in cloned hemopoietic progenitors by growth factors. Bone marrow taransplantation 1992;9:123-127
  3. A novel 37-Kd adhesive membrane protein from cloned murine bone marrow stromal cells and cloned murine hematopoietic progenitor cells. Blood 1993;82:1436-1444
  4. Soluble intercellular adhesion molecule 1 (ICAM-1) in sera of bronchial asthmatics. Chest 1996;109:94-99
  5. Adult respiratory distress syndrome induced by a Chines medicine, Kamisyoyo-San. Intenal Medicine 1996;35:494-496
  6. A solitary bronchoalveolar adenoma of the lung. Respiration 1998;65:483-485
  7. Acute eosinophilic pneumonia following cigarette smoking. Internal Medicine 2000, 39 (10): 830-833
  8. Flow cytometric analysis of lymphocytes and lymphocyte subpopulations in induced sputum from patients with asthma. Allergology International 2000, 49: 125-133
  9. Intracellular interleukin 5 and T-lymphocyte subsets in atopic and nonatopic bronchial asthma.Journal of Allergy and Clinical Immunology 2002;109:294-298
  10. Septic pulmonary embolism associated with periodontal disease: Report of two cases and review of the literature.. Chest 2002 121:652-654

ここからサイトマップです。

ページの終わりです。