ページの先頭です。 本文へジャンプします。 メインメニューへジャンプします。 関連メニューへジャンプします。 サイトマップへジャンプします。 フッターへジャンプします。

国家公務員共済組合連合会 呉共済病院

電話番号 0823-22-2111

文字の大きさ

  • 大きくする
  • 元に戻す
サイト内で検索を行いたい文字列を入力し、「サイト内検索」ボタンをクリックまたはキーボードのエンターキーを押してください。

ここから本文です。

診療科・部門

現在のページは
トップ > 診療科・部門 > 病理診断科 です。

病理診断科

病理診断科の概要

病理診断科は、各診療科で体のいろいろな部位から採取された細胞や組織、手術で切除された臓器を顕微鏡で観察し、病気の種類や進行度などを詳しく診断しています。現在、日本人の2人に1人が一生のうちに一度「がん」に罹り、3人に1人が「がん」で亡くなると言われていますが、「がん」の最終診断をするのが病理診断科の役割です。「がん」の診断には血液中の腫瘍マーカーを検出する方法や、CTやMRIで体の中の画像を映し出して診断する方法がありますが、病理診断科では病気になった体の部分から採取された細胞、組織の一部や手術で切除された臓器を顕微鏡で詳しく調べて、病理医が病気の種類や進行度などを診断しています。また、「がん」以外の炎症や変性疾患などの診断も行っています。病理診断科の業務は、病理組織診断、術中迅速診断、細胞診断、病理解剖の4つからなります。5人(病理専門医1人、細胞検査士4人)のスタッフで、年間約3,400件の病理組織診断、3,500件の細胞診断、10数名の方の病理解剖を行なっています。
病理医は患者さまに直接会って診療することはなく、主治医を介して病理診断の内容を伝えさせていただいています。2008年4月より、病理診断科として標榜されましたので直接患者さまを診療することが可能になりました。病理診断について直接お聞きになりたい方や病気の顕微鏡像を直接見てみたい方は、セカンドオピニオン外来に申し込んでいただければ、病理医が病理診断の内容や顕微鏡像をわかりやすく説明いたします。

病理組織診断

皮膚や胃粘膜など体の一部を小さく切り取って、悪性の病気か良性の病気かを診断します。また、手術で摘出された臓器を細かく切り出して、組織型や進行度を調べます。病理組織診断に基づいて、治療が行われます。

術中迅速診断

術中迅速診断では、手術中に提出された組織の一部を急速に凍らせ、薄く切って標本を作製し、10分程度で組織診断し、臨床医にその結果を伝えます。術中迅速病理診断は「がん」の手術には必須で、当院のように病理医が常勤している施設でないとできません。

細胞診断

子宮がん検診などのようにからだの一部の細胞をブラシで擦って採取し、あるいは痰や尿などから細胞を集め、異常な細胞がないか調べます。「乳がん」や「甲状腺がん」のように「しこり」を検査するときは、注射器で吸引して細胞を採取し、悪性細胞の有無を判定します。生検より体にやさしい診断法です。細胞診で異常が認められると、次の段階である生検が施行され、病理組織診断が行われます。

病理解剖

ご不幸にしてお亡くなりになられたとき、診断、治療は正しかったのか、治療効果はどの程度あったのかなどを調べ、今後の診断・治療に反映させるために行われるのが病理解剖です。

臨床医と病理医との関係

生検、手術で摘出した臓器、細胞診検体を提出

臨床医と病理医との関係図

病理組織診断報告書(病理診断)

臨床各科の医師が病理組織診断を必要と判断した場合は、生検、あるいは手術によって臓器の一部を摘出し、病理診断科に提出します。
病理診断科ではそれらの臓器から標本を作製し、病理医が病理診断します。病理医は病理組織診断報告書を発行し、臨床医に届けます。病理診断のための基本的標本はヘマトキシリン・エオジン染色標本ですが、特殊染色や免疫染色、電子顕微鏡を用いた検索なども必要に応じて施行しています。
近年、がんの分子標識薬治療が行われるようになっており、目的の遺伝子が産生するタンパク質やその遺伝子増幅の有無を調べ、薬の効果があるかどうかも調べています。
当院は電子カルテが導入されているので、病理診断報告書のみでなく、肉眼像、顕微鏡像などの画像も報告しています。各科の医師は診断報告を診察室の電子カルテ端末で見て、その内容を患者さまに説明します。

病理診断科の特色

市中病院としては早くから検体検査を行う検査部とは別に、臨床病理科として独立して設置され、(1969年)、その歴史は約40年以上です。2007年5月1日からは病理診断科と名称変更しました。日本病理学会認定病院、日本病理学会研修認定施設、日本臨床細胞学会施設認定、日本臨床細胞学会教育研修施設認定を取得しています。
医学生、看護学生や臨床検査技師養成過程の学生などの指導や実習を数多く行っています。
診断データはコンピュータ管理され、過去約20年間のデータが蓄積されています。また科内には部門システムが設置されており、電子カルテと接続しています。さらに、他施設との画像伝送など、最新の技術を積極的に取り入れています。
悪性リンパ腫を中心に血液疾患の診断、研究をしており、学会発表、論文報告を行なっています。当科で開発した血液疾患の診断に適した免疫染色法(アルカリホスファターゼで標識して赤く発色させる方法)は、臨床検査法提要にも掲載され、多くの施設で利用されています。免疫染色とは抗原抗体反応を用いて、目的の抗原を検出する方法です。当科では多くの抗体を用いて免疫染色を行い、診断に役立てています。
2005年になって、我国もアスベスト(石綿)による悪性中皮腫、肺癌の発生が社会問題となりました。呉地区には海軍工廠があったため、他の地域と比べると早い時期からアスベスト曝露者が多数存在しました。当科では1980年代からアスベスト小体の検出や悪性中皮腫の診断に取り組んでいます。

病理組織標本の作製方法
  1. ホルマリン固定(約2~24時間)
  2. 切り出し
  3. 脱水
  4. パラフィン包埋
  5. パラフィン切片薄切
  6. パラフィン切片をスライドガラスに貼り付け
  7. ヘマトキシリン・エオジン染色
胃がん肉眼像
胃がん肉眼像
ヘマトキシリン・エオジン染色標本
ヘマトキシリン・エオジン染色標本

(たくさんの標本を作製してがん細胞の浸潤の度合いを正確に診断します。)

悪性中皮腫( 胸膜)組織像、肺胞内の石綿小体(ヘマトキシリン・エオジン染色)

免疫染色で検出したヘリコバクター・ピロリ菌

ヘリコバクター・ピロリ菌は茶色に染色されていますが(左)、除菌すると消失しています(右)。
除菌判定に大変有効です。

茶色に染色されたヘリコバクター・ピロリ菌

除菌され消失

スタッフ紹介

病理診断を行う医師を病理医といいます。日本病理学会では一定の診断能力を持つ病理医を病理専門医として認定しています。日本全国で病理専門医は約2000人しかいません。
細胞診断を行うのは細胞診専門医、細胞検査士です。いずれも日本臨床細胞学会が認定しています。細胞検査士はたくさんの細胞の中から異常が認められる細胞を選び出します。異常細胞について細胞診専門医が細胞診断し、臨床医に報告します。国際細胞学会で施行されている試験に合格すると認定細胞診断医(Fellow of International Academy of Cytology:FIAC)、国際細胞検査士と認定されます。当科では認定細胞診断医 1名、細胞検査士 4名が勤務しています。

担当医師
氏名 佐々木 なおみ
役職/職名 病理診断科部長
専門・得意分野 外科病理学
血液病理学(悪性リンパ腫)
細胞診断学
出身大学 広島大学
医師免許取得年 昭和56年
資格等 広島大学医学部臨床教授
広島大学原爆放射線医科学研究所客員教授
日本病理学会病理専門医
日本病理学会病理専門医研修指導医
日本臨床細胞学会細胞診専門医
日本臨床細胞学会教育研修指導医
国際細胞学会認定細胞診断医(F.I.A.C.)
医学博士(広島大学)
技師
柴田 淳
臨床検査技師
国際細胞検査士
特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者
有機溶剤作業主任者
信広 亮輔
臨床検査技師
国際細胞検査士
特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者
小林 剛
臨床検査技師
国際細胞検査士
斉藤 陽一
臨床検査技師
細胞検査士

ここからサイトマップです。

ページの終わりです。