ページの先頭です。 本文へジャンプします。 メインメニューへジャンプします。 関連メニューへジャンプします。 サイトマップへジャンプします。 フッターへジャンプします。

国家公務員共済組合連合会 呉共済病院

電話番号 0823-22-2111

文字の大きさ

  • 大きくする
  • 元に戻す
サイト内で検索を行いたい文字列を入力し、「サイト内検索」ボタンをクリックまたはキーボードのエンターキーを押してください。

ここから本文です。

診療科・部門

現在のページは
トップ > 診療科・部門 > 栄養サポートセンター です。

栄養サポートセンター

NST(栄養サポートチーム)について

「NST」を知っていますか?

「NST」は、1970年にアメリカで生まれた「Nutrition Support Team」の頭文字をとった略称です。日本では「栄養サポートチーム」とも呼ばれています。呉共済病院NSTは2002年12月に誕生し、活動を続けています。

「NST」とは、どのようなチームなのでしょう?

NSTのメンバーは、医師、看護師、栄養士、薬剤師、検査技師、歯科衛生士、理学療法士から構成されています。入院患者さまの栄養管理を行いますが、それぞれのメンバーの専門知識と技術を出し合う「チーム医療」により、活動しています。

栄養が不足すると、どうなるのでしょうか?

ヒトは食事をとり、それを栄養として生きています。入院患者さまに「食事がとれない」、「食事量が減ってきた」などの症状があれば、その原因を調べ、個々に応じた適切な栄養療法を考え、全身状態の改善を図ることが大切です。栄養が不足すると、(1)病気が治りにくくなる、(2)術後の回復が遅れる、(3)感染症にかかりやすくなる等の症状が現れることが報告されています。

栄養は、すべての治療の基本です

医食同源というように、栄養はすべての治療の基本です。患者さまは様々な病気で入院されていますが、病気に立ち向かうときには、「栄養不足でない」ことが重要です。栄養不足の人には、「固形栄養剤を口から食べる・液体栄養剤を飲む」、「胃や腸に栄養剤を投与する」、「点滴注射をする」などの栄養療法を行います。

NSTの活動について

NSTメンバーは、「栄養不足に陥っている患者さま」や「栄養不足に陥るおそれのある患者さま」を見つけ出します。そして毎週行っているNST回診で、その患者さまの身長・体重・血液データなどを基に栄養状態を詳しく調べ、最適な栄養療法を検討します。呉共済病院NSTは、入院された患者さまが早くお元気になられるように、主治医の先生と協力して、栄養面からサポートしています。

呉共済病院NST、消化器外科部長 田原 浩


ここからサイトマップです。

ページの終わりです。