ページの先頭です。 本文へジャンプします。 メインメニューへジャンプします。 関連メニューへジャンプします。 サイトマップへジャンプします。 フッターへジャンプします。

国家公務員共済組合連合会 呉共済病院

電話番号 0823-22-2111

文字の大きさ

  • 大きくする
  • 元に戻す
サイト内で検索を行いたい文字列を入力し、「サイト内検索」ボタンをクリックまたはキーボードのエンターキーを押してください。

ここから本文です。

診療科・部門

現在のページは
トップ > 診療科・部門 > 外科 です。

外科

外科の概要と特色

外科(一般・消化器外科)

外科(一般消化器外科)は日本外科学会認定医、専門医修練施設、日本消化器外科学会専門医修練施設、日本乳癌学会専門医関連施設に指定され、スタッフは7名、レジデント2名の9人専属医師の体制です。

診療内容

外来診療は原則的に予約制です。消化器・一般外科を1診と2診で、乳腺・甲状腺専門外来を3診で午前中行っています。
消化器・一般外科に関しては新患は急患を除いて紹介患者さまが中心です。再診は術後の定期観察患者さまが大部分です。乳癌・甲状腺専門外来に関しては精査希望の方が多く画像診断(マンモグラフィー、エコー、CT等)や吸引細胞診はその日のうちにほぼ結果が出ます。木曜日はストーマ・排泄外来を専任看護師と共に行っています。また癌の外来化学療法や在宅診療看護についてはチーム医療として随時行っています。

入院医療は手術・周術期治療とある種の抗癌化学療法が中心となっています。
手術に関しては平成18年度19年度20年度の入院手術例はそれぞれ836例、751例、692例です。主な手術に関しては表1のごとくですが移植を除いてなんでも可能です。

癌手術に関しての基本方針はガイドラインに沿ってそれぞれの進行度に応じきめ細かな治療をするようにしています。その主な成績については表2に示します。胃がんや大腸がんでは消化器科における内視鏡的切除不適の早期癌については患者さまと相談の上できるだけ腹腔鏡補助下や腹腔鏡手術で行い術式は臓器機能温存を行うようしています。進行癌では根治性を目指して開腹手術を中心にしていますが、極端に進行したものや再発したものに対しては抗癌化学療法を中心にQOLと延命を考えた術式を選択しています。
肝胆膵系の癌の手術数は平均年40例前後ですが難治癌に対しても積極的に手術をし根治性を目指すと同時にできるだけ長期の延命を得るようにしています。
乳癌手術に関してはなるべく乳房温存を計り、RIナビゲーションを用いたセンチネルリンパ生検をルーチーン化し陰性の場合は腋窩リンパ節郭清は省略しています。術後の抗癌化学療法はSt.Gallenのコンセンサスを基準に行っています。
当科では基本的に急患は断らない方針です。このため急性腹症としての急性腹膜炎、イレウス、急性虫垂炎等の手術例も多いのです。また胆石症手術例が伝統的に多いのも特徴で急性胆のう炎の腹腔鏡手術や経皮的胆嚢ドレナージから腹腔鏡手術を頻繁に行っています。

診療内容・実績(手術件数・治療成績など)

主な手術部位と例数( )内は鏡視下手術例
    H18年度 H19年度 H20年度
食道 悪性 1 8 4
  良性 1 2 0
悪性 94(9) 58(10) 54(7)
  良性〈含む穿孔〉 8(1) 9(2) 11
下部消化管腫瘍      
小腸 悪性 4 0 0
  良性 0 0 0
結腸 悪性 66(10) 50(10) 58(6)
  良性 0 3(2) 9
直腸 悪性 37(5) 34(3) 37(2)
  良性 5 1 0
小腸イレウス他 36 35 34
虫垂炎 56 51 39
直腸脱 5 2  
肛門疾患 23 14 20
肝胆道膵系      
肝癌(HCC,CCC,胆嚢癌) 20 23 32
膵頭部領域癌 9 6 9
膵体尾部癌 1 4 3
肝胆道良性腫瘍,外傷 1 2 1
膵良性腫瘍,外傷 4 5 0
胆石症(総胆管を含む) 74(60) 81(69) 74(66)
脾摘のみ 5(2) 4(3) 3(2)
乳癌: 45 37 30
甲状腺・副甲状腺: 13 6 16
ソケイヘルニア 82 80 81
腹壁ヘルニア他 7 10  
CVリザーバ留置 44 47 69
癌の治療成績(5年生存率)
ステージ I期 II期 III期 IV期 全病期
A B   A B    
94.2 88.6 78.8 60.2 40.2 9.6  
75.2 60.8 46.0 20.0 53.0
大腸 100.0 94.4 83.4 66.1 43.2 16.6  
90.1 82.1 52.0 18.0  

症例カンファレンス(キャンサーボード)

火曜日午後5時30分から 消化器カンファレンス  消化器内科、病理診断科、外科、放射線科、看護師との間で症例検討(画像読影、診断、治療法、病理診断)しています。
木曜日午後5時30分から 乳腺カンファレンス  病理診断科、外科、放射線科、検査部、看護師との間で症例検討(画像読影、診断、治療法、病理診断)しています。

外来診療担当表

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
午前診療 田原 布袋 前田 坂部 桒田
坂部 前田 桒田 田原 布袋
    角舎
(乳腺)
  舛本
(乳腺)
専門外来
(午後)
      (ストーマ外来)  
月・水・金曜日 午後/手術
第3火曜日 13時00分~14時00分/消化器がん緩和ケア外来
木曜日 乳腺手術日

3診は乳腺を診察いたします。※予約制

スタッフ紹介

前田 佳之

氏名 前田 佳之
役職/職名 副院長
外科部長
専門・得意分野 肝胆膵系の癌(特に肝門部胆管癌・肝がん)の手術
腹腔鏡下手術
進行再発大腸がんの抗癌化学療法
出身大学 広島大学
医師免許取得年 昭和53年
資格等 医学博士
日本外科学会専門医・指導医
日本消化器外科学会認定医・指導医
マンモグラフィー読影認定医
広島大学臨床教授
日本臨床腫瘍学会暫定指導医
消化器がん外科治療認定医
日本肝胆膵外科学会評議員
日本肝胆膵外科学会認定 肝胆膵外科高度技能指導医

布袋 裕士

氏名 布袋 裕士
役職/職名 手術部部長
専門・得意分野 消化器進行がんの手術治療
腹腔鏡下 胆道、胃、大腸手術
急性腹症の診断と治療
消化器がんの抗癌化学療法
消化器がんの疼痛緩和ケア
出身大学 広島大学
医師免許取得年 昭和60年
資格等 医学博士
日本外科学会専門医
日本消化器外科学会認定医
消化器がん外科治療認定医
日本がん治療認定機構認定医

田原 浩

氏名 田原 浩
役職/職名 消化器外科部長
専門・得意分野 上部・下部消化管疾患の手術治療
胆・膵疾患の手術治療
癌化学療法(化学療法委員会委員長)
大腸癌免疫療法
臨床栄養学(NSTチェアマン)
出身大学 広島大学
医師免許取得年 昭和62年
資格等 医学博士
日本外科学会専門医・指導医
日本消化器外科学会認定医
日本がん治療認定機構 がん治療認定医
日本静脈経腸栄養学会指導医

坂部 龍太郎

氏名 坂部 龍太郎
役職/職名 外科医長
専門・得意分野 消化器外科
内視鏡外科
出身大学 広島大学
医師免許取得年 平成13年
資格等 医学博士
日本外科学会専門医
日本外科学会指導医
日本消化器外科学会専門医
日本消化器外科学会指導医
消化器がん外科治療認定医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
氏名 桒田 亜希
役職/職名 外科医員
専門・得意分野 一般外科
出身大学 徳島大学
医師免許取得年 平成15年
資格等 日本外科学会専門医
日本消化器外科学会専門医

大塚 裕之

氏名 大塚 裕之
役職/職名 外科医員
専門・得意分野 消化器外科
出身大学 広島大学
医師免許取得年 平成23年
資格等 日本外科学会専門医
主な論文発表
  1. 有茎性壁外性発育を呈した十二指腸GISTの1例
  2. 直腸癌、乳癌、甲状腺癌の同時性三重複癌を一期的手術した後、転移性肺腫瘍をきたした1例

𠮷村 幸祐

氏名 𠮷村 幸祐
役職/職名 外科医員
専門・得意分野 外科一般
出身大学 広島大学
医師免許取得年 平成23年
資格等 日本外科学会専門医
氏名 白川 賢司
役職/職名 外科医員
専門・得意分野 専門・得意分野
出身大学 広島大学
医師免許取得年 平成24年
資格等 資格等

ここからサイトマップです。

ページの終わりです。