ページの先頭です。 本文へジャンプします。 メインメニューへジャンプします。 関連メニューへジャンプします。 サイトマップへジャンプします。 フッターへジャンプします。

国家公務員共済組合連合会 呉共済病院

電話番号 0823-22-2111

文字の大きさ

  • 大きくする
  • 元に戻す
サイト内で検索を行いたい文字列を入力し、「サイト内検索」ボタンをクリックまたはキーボードのエンターキーを押してください。

ここから本文です。

診療科・部門

現在のページは
トップ > 診療科・部門 > 呼吸器外科 です。

呼吸器外科

呼吸器外科の概要と特色

近年の画像診断の進歩により、さまざまな肺の微小病変が発見されるようになってきました。そしてその病変の診断―特に肺癌かどうか―が大変重要です。当呼吸器外科では、呼吸器内科、放射線科と連携して早期診断、早期治療を目指しています。
呼吸器疾患の外科治療では、なんといっても肺癌の手術が最も重要です。手術方法として、内視鏡手術(胸腔鏡下手術)を積極的に取り入れて良好な成績を残しています。また気胸はほぼ全例に内視鏡下に手術をしています。
当科では肺癌や気胸のほかにも、転移性肺腫瘍・縦隔腫瘍・胸壁胸膜腫瘍・胸水・膿胸・巨大肺嚢胞などの疾患を重点的に診療しています。

診療内容・実績(手術件数・治療成績など)

呼吸器疾患の主な侵襲的検査方法
気管支鏡検査
主に呼吸器内科の先生が行っています。
胸腔鏡検査
全身麻酔下に、胸腔鏡で胸の中を観察しながら病変部を切除し診断をつけます。ほぼ100%診断がつきます。
縦隔鏡検査
全身麻酔下に、縦隔病変やリンパ節を生検し、診断をつけます。

CTを見ながら、病変部に針を刺し診断します。局所麻酔でできます。主に放射線科の先生が行っています。

肺癌の手術

画像の代替テキストを入力してください。

肺癌は早期発見と早期治療が大切です。早い時期の肺癌にたいしては積極的に内視鏡(胸腔鏡下手術)を併用した手術を行っています。 左のCTの様な早期肺癌では、現在の標準手術である肺葉切除とリンパ節郭清を行わなくても、いわゆる縮小手術(部分切除や区域切除、リンパ節郭清の省略)で完治できる可能性があり、低侵襲な胸腔鏡手術のよい適応と考えられます。 また肺癌の標準的手術である、肺葉切除とリンパ節廓清も胸腔鏡下手術で行っています。
胸腔鏡手術の利点は、手術創も小さく、筋肉を切らないため、早く回復し入院期間も短くてすむことです。しかし肺癌など悪性疾患に対する胸腔鏡手術の適応は厳格にする必要があると考えています。

画像の代替テキストを入力してください。

胸腔鏡下手術は、開胸手術とほぼ同等の手術ができますが、当科ではリンパ節転移がない臨床病期Ⅰ期の肺癌に対して胸腔鏡手術を施行しています。
一方、サイズの大きい肺癌やリンパ節転移を認める肺癌では、手術の根治性を考慮して、開胸による標準手術を行っています。
開胸と言っても胸腔鏡手術で用いる自動縫合器などを利用することで、約12~15cm程度の手術創で可能であり、以前のような20~25cmにおよぶ切開は不要です。胸の筋肉は、剥離することによりほとんど切りません。

また画像上リンパ節転移が疑われたり、サイズの大きな肺癌では、積極的に縦隔鏡を行っています。縦隔リンパ節(左右の肺の間にあるリンパ節)に転移が証明されたときは、目に見えない癌細胞が他臓器に転移している可能性があるので、全身療法である抗癌剤で治療した後に手術をしています。

開胸手術と胸腔鏡下手術を比較した図です。
胸部外科

当院における肺癌手術後の病理病期別生存率曲線です。
一般的手術適応である、ⅠA、ⅠB、ⅡA、ⅡB期での本邦における生存率は、それぞれ83.9%、66.3%、61.9%、47.4%ですから、当科の成績の方が良好である傾向があります。 
肺癌は悪性腫瘍の中では予後の悪い癌ですが、早期発見例では5年生存率も良好です。
今後早期発見例が増えればさらに良好な成績になると思います。

当院、肺癌手術後の病理病期別生存率曲線
画像の代替テキストを入力してください。
気胸の診断と治療

画像の代替テキストを入力してください。

1.気胸とは?
肺に穴があいて空気が漏れ、肺の表面と胸壁との隙間に、漏れ出た空気が溜まってしまう状態のことです。肺の外側に溜まった空気によって肺が押しつぶされるため、呼吸困難を感じたり、胸に痛みを覚えたりします。

画像の代替テキストを入力してください。

2.原因は?
①肺の表面にできた小さな袋(肺嚢胞、ブラ)が破裂する。― 原発性気胸
②肺の疾患(肺気腫、気管支喘息、肺結核、肺癌など)により肺が破れる。― 続発性気胸
③外傷 ④医原性 があります。
大部分の原因は①です。

3.治療法は?
治療の第1は胸腔ドレナージです。これは体外から胸の中に管を入れて、溜まった空気を持続的に体外へ排出します。肺を膨らませるのが目的で、空気の漏れを止める手段ではありません。
そこでこれから先の治療を、次から選択する必要があります。
①ドレナージをしたまま空気の漏れが自然に止まるのを待つ。
②胸膜癒着療法(胸腔内に薬剤を注入し、肺と胸膜を癒着させる)をする。
③手術を受ける。
多くは胸腔鏡で手術を行います。胸の皮膚に小さな傷を3ヶ所開け、胸腔鏡という内視鏡カメラや胸腔鏡用器具を挿入して、原因となった肺嚢胞を切除します。従来の開胸手術に較べて手術侵襲が小さく、痛みも軽く、早期に退院が可能です。しかし肺嚢胞の新生、病変の見落としなどの原因により、約5%程度の再発があります。
また病変の部位や性状によっては小開胸を追加する可能性はゼロではありません。

治療法を比較します。

  ドレナージのみ 胸腔鏡下手術
利点 ・ 手術侵襲がない
・ 治療費が安い
・ 再発率が低い(約5%程度)
・ 術後早期(3~4日)に退院が可能
欠点 ・ 再発率が高い(約30~60%)
・ 治療終了日の予測が困難
・ 手術侵襲がある
・ 治療費がドレナージのみよりは高い
膿胸の診断と治療

胸部レントゲン写真

1.膿胸とは?
肺が収められているスペースのことを胸腔といいますが、この胸腔内に膿性液が貯留した状態(胸部レントゲン写真とCTの左肺の白い部分)のことです。
罹患期間が3か月以内の場合を急性膿胸、3か月以上の場合を慢性膿胸といいます。
初期には胸膜炎、胸水貯留が起こりますが、炎症が遷延化すると線維性物質(フィブリン)が胸腔内に析出し、肺の表面を覆います。慢性期になると肺の表面を覆った被膜が、厚く固くなり肺が拡がらなくなります。
そのため発熱、胸痛、咳、呼吸困難感などの症状がでます。

CTのイメージ

2.原因は?
主な原因は、①肺感染症由来 ②肺手術後 ③外傷性 ④食道穿孔 です。

3.治療法は?
①まず適切な抗菌剤の投与を行います。
②胸腔ドレナージ
初期には、胸腔内に管を入れ膿性液を体外へ排出(胸腔ドレナージ)すれば、肺は拡張します。
③胸腔鏡下手術
胸腔ドレナージのみでは充分な肺の拡張が得られない場合は、胸腔鏡下に手術をして、膿胸腔を単房化するとともに、肺表面の線維性被膜を除去することにより肺は拡張します。
④開胸手術
慢性期には開胸手術が必要となる場合もあります。

胸膜中皮腫・胸水の診断と治療

最近石綿(アスベスト)の暴露による胸膜中皮腫や肺癌の発症が話題になっています。
胸膜中皮腫が疑われるときには、胸腔鏡を使って胸膜や肺を一部切除して、胸膜中皮腫かどうかや石綿への暴露があるかどうかの診断をつけています。さらに適応があれば胸膜中皮腫の手術(一般的には胸膜肺全摘除術)を行っています。
また胸膜中皮腫以外にも胸水がたまる原因はいろいろありますが、原因不明の胸水がたまった症例には、胸腔鏡を使って胸膜を切除(胸膜生検)して、顕微鏡的に胸水がたまった原因を調べています。そして原因によっては胸膜癒着剤を胸腔内に入れ、胸壁と肺を癒着させることにより、胸水がたまらないように治療をしています。

当科の年間手術症例数です。

  2007年 2008年 2009年 2010年 2011年
肺悪性腫瘍関連
気胸
縦隔腫瘍
32
5
2
36
8
1
39
10
1
43
9
1
38
11
3
全身麻酔手術数
(胸腔鏡下手術)
55
(26)
50
(33)
65
(42)
66
(43)
69
(56)

当科は肺癌、縦隔腫瘍、気胸など呼吸器外科に関するほぼすべての疾患に対応するとともに、患者さんの意思を尊重し、各個人に応じた安全で効果的な治療法を選択しています。また岡山大学腫瘍・胸部外科への肺移植目的の紹介も可能です。
お気軽にご相談ください。

外来診療担当表

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
午前診療 今井   今井   松本
専門外来
(午後)
         
呼吸器外科 火・木曜日 午後/手術  

スタッフ紹介

今井 茂郎

氏名 今井 茂郎
役職/職名 診療部長
呼吸器外科部長
地域医療連携室長
専門・得意分野 肺癌手術
気胸手術
縦隔腫瘍手術
肺腫瘍手術
胸腔鏡下手術
膿胸手術
出身大学 宮崎医科大学
医師免許取得年 昭和58年
資格等 医学博士
日本外科学会専門医
日本呼吸器外科専門医
日本胸部外科学会認定医
DMAT

松本 理恵

氏名 松本 理恵
役職/職名 呼吸器外科医長
専門・得意分野 呼吸器外科全般
出身大学 広島大学
医師免許取得年 平成13年
資格等 日本外科学会専門医
日本呼吸器外科学会専門医

ここからサイトマップです。

ページの終わりです。