ページの先頭です。 本文へジャンプします。 メインメニューへジャンプします。 関連メニューへジャンプします。 フッターへジャンプします。

国家公務員共済組合連合会 呉共済病院看護専門学校

  • 呉共済病院WEBサイト
  • 交通アクセス

電話番号:0823-22-2111(代表) [内線番号]6102


ここから本文です。

現在のページは
トップ > 呉共済病院看護専門学校 > 学校紹介 > 教育方針・沿革 です。

学校紹介

教育方針・沿革

教育方針

教育理念

本校は、保健・医療・福祉施設や地域において、住民の健康の担い手として活躍できる質の高い看護師を育成することを責務とし、以下を教育理念としています。

  1. 生命の尊厳と高い倫理観を基盤とし、人間に対する深い理解と共感を持つことができる豊かな人間性の育成
  2. 科学的根拠に基づいた知識・技術を用い、対象にとって最適な健康状態を目指し支援できる基礎的な看護実践能力の育成
  3. 生涯にわたって自己啓発に努め、看護学及び保健医療福祉の発展に貢献できる専門職業人としての素地の育成
教育目的

本校は、看護師として必要な知識、技術を教授するとともに、専門職としての基本的姿勢と態度を学ばせ、社会に貢献しうる有能な人材を育成することを目的とする。

教育目標
  1. 生命の尊厳と高い倫理観に基づいた豊かな人間性を養う。
  2. 看護の対象である人間を総合的にとらえるとともに、生活者として理解できる能力を養う。
  3. 人々の健康上の課題を解決するために、科学的根拠に基づいた看護を実践できる基礎的能力を養う。
  4. 保健・医療・福祉における看護の役割を認識し、チームの一員として他職種と協働できる能力を養う。
  5. 専門職業人としての社会的責務を自覚し、看護への探求心をもち学習し続ける姿勢を養う。

沿革

本校は、国家公務員共済組合連合会呉共済病院に附属しています。
その歴史は古く、明治37年(1904年)の病院創立と同時に看護婦養成所として開設されました。戦後の看護婦制度の改革に伴い、昭和24年、広島県内三校の新制度高等看護学院の一校として発足し、昭和52年に現在の専修学校(看護師3年課程)に移行しました。100有余年の歴史の中で卒業生は、2,700余名を数え、各分野の重要なポジションで活躍しています。
学生1人1人を大切にし、日進月歩で進化する医療界にふさわしい看護師の育成に力を注いでいます。

ページの終わりです。